成長因子は「グロースファクター」とも呼ばれ、再生医療の現場でも使われている細胞分裂を司るタンパク質の一種となります。 細胞が分裂して新しい細胞が作られる時には必ず、その細胞分裂を司る因子が必要となります。 この因子が「成長因子」です。

この成長因子(グロースファクター)を使用した毛髪再生医療においては、その発毛率が90%以上と驚異的な数字となっています。 こちらのページでは、そんな成長因子(グロースファクター)を詳しく解説していきます。

毛髪での成長因子の働き

毛髪も細胞の集合によって構成されています。 毛髪は、毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことによって成長します。 ですが、髪の成長を司る成長因子は 体内で作られるのですが、この成長因子を作り出す能力は20代前半を ピークとして、その後は加齢とともに減少します。

この成長因子が不足すると、毛母細胞の細胞分裂は 停止、または分裂スピードの鈍化に繋がり、細毛や発毛不全、さらには抜け毛や薄毛の原因と なります。 この成長因子(グロースファクター)は、毛母細胞に直接アプローチする成分のために、抜け毛を減らし、発毛を促すためにも重要な成分となります。 なので、この不足した成長因子(グロースファクター)を身体の外から補ってあげることが、抜け毛を抑え、さらには発毛を促すには効果的です。

毛髪の生成に重要な成長因子4つ!

髪の毛の生成を力強くサポートするとされる成長因子(グロースファクター)は幾つかありますが、こちらでは最も髪の毛の生成に重要なな4つの成長因子(グロースファクター)をご紹介していきます。

KGF(ヒトオリゴペプチド)

%e6%88%90%e5%88%86%e4%b8%80%e8%a6%a7%ef%bd%9c%e3%80%90%e3%82%b0%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bc%e9%85%8d%e5%90%88%e3%80%91%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%82%b4%e6%b5%81 毛髪の形成に必要なケラチンの生成を促進するケラチン細胞増殖因子が、このKGFです。 髪と頭皮を健やかに保ち、弾力の無い髪にもコシを与え、さらに髪にボリュームを与える効果が認められています。

IGF(合成遺伝子組換ヒトポリペプチド)

%e6%88%90%e5%88%86%e4%b8%80 このIGFは、KGFと同じ成長因子の一種で、毛母細胞の分裂を促し、弾力の無い髪にコシを与え、さらには髪にボリュームを与える効果が認められている成長因子です。 また、このIGFはインスリン様成長因子で、毛母細胞の増殖を促す働きがある最も注目を集める成分です。

FGF(ヒトオリゴペプチド-13)

fgf ヒトの体内で作られる成長因子となるタンパク質の一種が、このFGFです。 このFGFは、毛母細胞の増殖を促す働きが認められた毛髪の生成に欠かせない成分です。 髪と頭皮にうるおいを与え、健やかに保つためにも欠かせない成分となるのも、このFGFです。

馬プラセンタ

成長因子や、アミノ酸を多く含み髪の保護作用をもつ成分がプラセンタです。 このプラセンタには、馬・豚・羊・植物由来のプラセンタがありますが、その中でも馬プラセンタであることが重要です。 というのも、この馬プラセンタは他のプラセンタに比べ、300倍のアミノ酸が含まれており、さらに他のプラセンタにはない必須アミノ酸が6種類含まれている特徴があります。 成分や効能の面では馬プラセンタが圧倒的です。

AGAには成長因子の効果はない?

抜け毛の減少や発毛に効果的な成長因子(グロースファクター)ですが、AGA(男性型脱毛症)を原因とする抜け毛に対しては、その効果も薄いことがわかっています。 というのも、この成長因子(グロースファクター)は、発毛に働きかける一方で、その発毛を阻害する因子をも同時に抑制してしまいます。

 
なので、この成長因子(グロースファクター)の使用は、その使用と同時にAGA(男性型脱毛症)の原因である5αリダクターゼを抑制する成分の併用が一般的です。 この5αリダクターゼを抑制する成分として、スカルプローションやスカルプエッセンスに併用されるのが、最新の育毛成分である「キャピキシル」ですね。
 
 毛髪再生医療の現場であれば、成長因子(グロースファクター)の直接注入と同時に併用されるのが「プロペシア」等の医薬品を用いたAGA(男性型脱毛症)を原因とする抜け毛対策となります。

薄毛対策に重要なこと!

「抜け毛を減らすこと」と同時に、「発毛を促すこと」が薄毛対策には必要です。 成長因子(グロースファクター)は、毛母細胞に直接アプローチすることができる確かな成分です。

この成長因子の成分は、直接細胞に働きかけるために、毛乳頭が毛母細胞へのサポートを行ったり、または頭皮の毛細血管などの機能を向上させることにも役立ちます。 さらには、毛母細胞に直接働きかけることで、休止期にある毛母細胞が再び成長期へと移行したり、成長期にある毛母細胞はその活動をさらに活発化させることができます。

しかし、その一方でAGA(男性型脱毛症)を原因とした抜け毛の制御にはその効果が薄いのも事実です。 なので、効果的な薄毛対策には、この成長因子(グロースファクター)単独の効果を狙うだけではなく、総合的な薄毛対策を行う必要があるでしょう。

リデンシルの主要成分4つの働きや効果を試験データから読み解く!

キャピキシルの試験データから見えること