薄毛は長い時間をかけてジワジワと進行していくのが特徴です。ですが、この「ジワジワ」と薄毛へと進行している間には色々なサインが表れているものです。たとえば、側頭部と頭頂部との毛髪の違いに気付くといったようなことがそうです。

このような薄毛に進行する人の多くが「遺伝だから・・・」と思ってしまう方が非常に多いようです。薄毛は一般的に遺伝が原因で進行してしまうと思われているのではないでしょうか。なので、将来的に薄毛を遺伝的にとらえて不安を覚える方の多いのではないかと思います。

一般的に薄毛の原因は「遺伝」だと思われている

一般的に薄毛を引き起こす最も大きな原因として「遺伝」による薄毛遺伝子を遺伝してしまったからだと思う方が多いのではないかと思います。親が薄毛だから自分もそうなるのではないかと思っているかもしれません。

とはいえ、この「遺伝」による薄毛への深刻さはどうなのでしょうか?同じ遺伝子を受け継いだであろう「双子」の兄弟であっても、薄毛になる子とならない子が存在すように「遺伝」一つだけが薄毛へと進行させているわけではないようです。

今では、薄毛のメカニズムも解明されています。男性であっても女性であっても、薄毛へと進行してしまう大きな原因にはホルモンの存在があることが判明しています。男性特有の進行性の薄毛となるAGAは、男性ホルモンが大きく関与した薄毛であり、また女性特有のびまん性脱毛症も女性ホルモンの減少が最大の原因となります。

そして、遺伝によって薄毛を進行させる方のほとんどがAGA(男性型脱毛症)を発症してしまいます。AGAは、男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという変換酵素によってジヒドロテストステロンに変わることが原因で起こります。この男性ホルモン(テストステロン)の分泌量にはほとんど個人差はないのですが、5αリダクターゼの分泌量には個人差があります。この5αリダクターゼの分泌量の差を遺伝で引き継ぐことが分かっています。

さらには、この5αリダクターゼの分泌量は父方ではなく母方から受け継ぎます。なので、父親が薄毛であってもその子供は必ずしも薄毛を引き継ぐことはありません。ですが、父方に薄毛がいなくても母方の祖父が薄毛なら、孫にはその素質が受け継がれることが多いということになります。

一般的に言われている薄毛の「遺伝」というものは、このAGAの原因である男性ホルモンの影響を受けやすいかどうかを遺伝しているのか否かということになるようです。また、この遺伝によるAGAの引継ぎは、薄毛者全体の25%だと言われています。

遺伝よりも怖いのが生活習慣の乱れ

薄毛の原因を遺伝によって引き継いでいることも事実ではあるのですが、実は薄毛の方の多くが生活習慣やストレスによる頭皮環境の悪化が原因で引き起こされる場合がほとんどなのが現状です。運動不足や栄養不足による血行不良、夜更かしなどの不規則な生活、さらには仕事などによるストレスの蓄積などがその薄毛の最大の原因となります。

特に、十分な睡眠時間の確保が困難な場合は深刻な薄毛へと進行してしまう場合が多いです。薄毛と睡眠は切っても切れない関係です。髪の毛が作られるのは夜の睡眠時のみです。髪の毛の元となる毛母細胞の分裂は、就寝後3時間から始まり、6時間後にはその活動を停止することが分かっています。なので、育毛では22:00~02:00の間に就寝して、尚且つ6時間以上の睡眠時間の確保が困難な場合は深刻なダメージを引き起こします。

とはいえ、十分な睡眠時間の確保があっても、材料がなければ髪の毛は太く長くは育ちません。なので、髪の毛の生育に欠かせない材料である「たんぱく質」を多く含んだ食事などの食生活も重要な要素となります。また、適度な運動は血行促進を促しますので、散歩程度でも良いので適度な運動を取り入れてみるのも効果的ですね。

薄毛に悩む多くの方がその解決法として「育毛剤」や「スカルプエッセンス」などを利用して解決を図る場合が多いようです。ですが、それよりも大事なことは、あなた自身の生活習慣を見直すことが最も重要です。規則正しい生活習慣の土台がなければ、どんなに有用な成分で作られた「育毛剤」や「スカルプエッセンス」を使用してもその効果はとても薄いものになるはずです。

遺伝と生活習慣の違い!その深刻さとその対応!

薄毛の原因のほとんどは「遺伝」と「生活習慣の乱れ」の2つです。多くの薄毛の原因となる「生活習慣の乱れ」であればその改善も可能となるかもしれません。ですが、「遺伝」によって進行したAGAや薄毛の場合は、規則正しい生活習慣を構築しその上で、有用性の高い「育毛剤」や「スカルプエッセンス」を使用してもその効果は薄いものとなるでしょう。

この「遺伝」による薄毛との診断は自分では難しいようです。そして、この遺伝による薄毛のリスクは自分ではどうするこもできません。今ではAGAを専門的に扱う医療機関が増えていますので、そういった専門医の診察を受けることで薄毛遺伝子の検査を受けることができます。また、今では自宅で簡単に遺伝子検査を行えるキットもありますので利用してみても良いかもしれません。

遺伝子検査キットはこちら

このような遺伝子検査を行うことで将来の薄毛のリスクを把握しておくことも大切なことではないでしょうか。自分が両親より薄毛の遺伝子を受け継いでいることが分かっていれば、事前に薄毛対策を行うことで、その進行を食い止めたり、進行の速度を遅らせることも可能となって来るはずです。

一方で「遺伝」によって引き継いだものではなく、あなた自身が招いた生活習慣の乱れが原因の薄毛であれば、規則正しい生活習慣を築いた上であればその薄毛対策も可能なものとなるでしょう。

おすすめ男性版育毛サプリランキングはこちら

おすすめ女性版育毛サプリランキングはこちら