薄毛対策を行っている方、もしくはこれから薄毛対策を行おうと考えている方が選ぶ育毛アイテムとなるのが、スカルプエッセンスや育毛剤と呼ばれる育毛アイテムではないでしょうか。

このスカルプエッセンスと育毛剤とでは、その効果などに違いがあるのでしょうか。そこでこのページでは、そんなスカルプエッセンスと育毛剤の違いや、その効果的な使い方などと合わせてお伝えしていこうと思います。

スカルプエッセンスとは?

スカルプケアプレミアム

今現在の薄毛対策に用いられる育毛アイテムの代表格となるのが、このスカルプエッセンスではないかと思います。このスカルプエッセンスには、次の大きな3つの特長があります。

最新の育毛成分の配合ができる

スカルプエッセンスには、最新の育毛成分が配合されています。たとえば、「キャピキシル」「ピディオキシジル」「成長因子」などの成分が有名で、その効果も実証された成分の配合が可能となります。

これらの成分は、医薬品である「ミノキシジル」の約3倍の育毛効果が認められ、自然由来の成分で副作用の心配がないのが大きな特長となっています。

高濃度の成分配合ができる

スカルプエッセンスは、配合できる成分の種類の多さだけではなく、その濃度も規制されることもないため高濃度で配合させることができます。

ですので、スカルプエッセンスであれば高濃度の成分を実感することが可能となるようです。

配合成分がすべて表示されるため安心できる

スカルプエッセンスは、その配合成分や濃度を自由に決められる代わりに、その成分をすべて表示する義務があります。なので、安心して選ぶことができるということが言えますよね。

育毛剤とは?

IMG_1119suka

それでは次に、育毛剤にはどのような特長があるのでしょうか。育毛剤と呼ばれるものには、次の2つの特長が挙げられます。

厚生労働省に定められた成分のみ配合

育毛剤には、厚生労働省に定められた成分が配合されています。この定められた成分の中には、効果・効能が認められた成分があり「育毛促進」や「抜け毛の予防」といった効果が期待できます。

成分の配合濃度に定めがある

育毛剤は、厚生労働省に定められた成分の範囲内で配合が可能ですが、この成分の濃度も定められた範囲内での濃度となります。

このように、育毛剤は厚生労働省に定められた成分を、その定められた範囲内の濃度で配合して作られることで「医薬部外品」や「薬用」の育毛剤として認可されているようです。

スカルプエッセンスと育毛剤の違いまとめ

育毛剤は、厚生労働省に効果が認められた成分が配合されています。しかし、定められた種類・濃度の成分しか配合できません。

一方のスカルプエッセンスは、厚生労働省が定めた成分以外の最新の成分の配合ができますが、厚生労働省が定めた有効成分は配合されていません。

このように育毛剤とスカルプエッセンスとでは、それぞれメリット・デメリットがありますので、あなたにあった選び方をする必要があるようです。

育毛剤とスカルプエッセンスの効果的な使い方

薄毛対策初心者であるのならば、まずは「医薬部外品」の育毛剤から試してみるのがいいかもしれません。育毛剤を半年使ってみて満足できない場合は、最新の育毛成分配合のスカルプエッセンスを使ってみてはどうかと思います。

さらに、育毛効果を感じられた方や、今現在薄毛対策を行っている方には朝・夜での育毛剤とスカルプエッセンスの使い分けが、特にその効果の実感とコストの面でも有効かと思います。

薄毛対策での育毛剤やスカルプエッセンスの塗布は、朝・夜での1日2回が最も効果的ですが、スカルプエッセンスの最大のデメリットとなるのが、その高価な価格にあります。

ですので、比較的に継続しやすい価格の育毛剤の有効成分を朝に、スカルプエッセンスで最新の育毛成分を夜に届ける、といった使い分けを行ってみるのが最近の薄毛対策の大きな流れのようですよ。

最後に

今回は、薄毛対策の代表的な育毛アイテムであるスカルプエッセンスと、育毛剤の違いや使い方などについてお伝えしましたが参考になったでしょうか。育毛剤は、厚生労働省に認められた成分が配合されていますので、一定の育毛効果を得られる事ができます。

しかし一方で、その効果の実感が乏しい方などは、最新の育毛成分が配合されたスカルプエッセンスへと移行される方が多いのも実情です。ですので、あなたにあった最適の育毛剤やスカルプエッセンスを選ばれてみてはと思います。

当サイトおすすめキャピキシル配合スカルプエッセンスはこちら