SHEEサプリメントは、その販売開始から人気の育毛サプリメントとなっています。そこには、これまでの育毛サプリには見られなかった、その信憑性が担保された育毛サプリだということがあげられます。

このSHEEサプリメントは、これまで辛抱強く抜け毛や薄毛対策を行ってきた方々の努力が、その効果としてなかなか現れない現状を見てきた「専門機関」向けに開発された商品です。

こちらでは、この「SHEEサプリメント」の特徴や成分から効果的な飲み方まで、「SHEEサプリメント」のすべてをまとめてご紹介しています。

「SHEEサプリメント」特徴5つ!

  • 専門機関向けに開発
  • 内側からの「飲むケア」を優先
  • ロジックの信憑性
  • 研究結果の推奨量MAX配合
  • 納得できるサプリメント

SHEEサプリメントは今では一般販売されていますが、本来は「専門機関」向けに開発された育毛サプリです。このSHEEサプリメントは、クリニックや毛髪再生医療の現場向けに開発されてはいますが「医薬品」ではありません。ですが、AGA・FAGAの医療現場で採用され続けている事実があります。

抜け毛や薄毛に悩まれる方の多くが「育毛剤」や「スカルプエッセンス」といった外部からのケアを優先するのに対して、このSHEEサプリメントは内部からの「飲むケア」を優先して作られています。そこには、個人差が激しい外部からのケアでは十分ではないとの考えがあります。また髪の毛の生成には、内部から必要な栄養を届けることが最も重要なことだからです。

これまで「外側からのケア」で満足な結果が得られず、悩みがさらに深くなった方も決して少なくないはずです。AGAクリニックなどの医療機関でも、その施術の中心は「内側からのケア」です。なのでSHEEサプリメントも医療機関同様に「内側からのケア」にフォーカスして作られています。

また多くの育毛サプリの中には、効果的だとされる育毛成分の配合はありながらも、その多くがロジックに沿って作られているか?または、そのロジックに信憑性はあるのか?といったことに、疑問を持ってしまう育毛サプリも少なくありませんでした。

そういったことからも、SHEEサプリメントは各研究機関がもたらす有益な研究結果と、各専門機関からのフィードバックを得て、その配合成分と推奨される配合濃度MAXで作られた、納得できるサプリメントだということが確認できると思います。

「SHEEサプリメント」2つの主要成分の働きと効果!

  • ナトゥールシン・ビュリクシール
  • ヒハツエキス

SHEEサプリメントの最も大きなトピックは、学会で注目されている新素材「ナトゥールシン・ビュリクシー™」を日本で初めて配合した育毛サプリメントだということです。この「ビュリクシー」は、イタリアの女性医師によって開発された100%天然素材による最新の育毛成分です。

また「ビュリクシール」は、ヒト臨床試験において83.3%の被験者に対して「髪の成長が確認された」「髪の太さが改善された」といった、3か月後の被験者の頭皮の変化が確認されています。同時に、その研究結果はアメリカ・ヨーロッパ・アジア全域で毎年3000以上の学会を開催しているOMICS Internationalが出版する学会誌「Journal of Cosmetrogyand Tricology」に掲載されている信憑性の高い、服用できる最新の育毛成分となっています。

「ナトゥールシン・ビュリクシール™」は薄毛改善に高い効果を発揮すると言われている「ノコギリヤシ」をはじめ、「ライ麦」「小麦胚芽」「欧州松樹皮」「母ラージ」「ラックスシード」の計6つの天然素材から抽出された新成分となります。さらには、この「ナトゥールシン・ビュリクシール™」は薄毛治療でおなじみの「フィナステリド」と同等の効果を持っていることも確認されています。

  • 「 ナトゥールシン・ビュリクシール」の実験結果はこちら

次に、SHEEサプリメントには「ナトゥールシン・ビュリクシール™」の効果を高める「ヒハツエキス」が配合されています。この「ヒハツエキス」を配合するその目的は、Tie2を増加させる働きがあるからです。このTie2が増加しすることで、毛細血管やリンパ管の状態が改善することがわかっています。その結果、しっかりと「ナトゥールシン・ビュリクシール™」の栄養素を必要なところに運ぶことができるようになります。

そして、この「ヒハツエキス」によるTie2の増加作用は、血管拡張のような不確実な効果ではなく、高い確率で栄養素を頭皮へと運ぶことができることに最大のメリットがあります。髪の毛の生成は、ヘアサイクルの影響を受けても必要な栄養素が届けば、髪の毛はしっかりと育ってハリやコシも生まれ抜け難くなります。

「SHEEサプリメント」認められた5つの効果!

  • 医薬品「フィナステリド」と近い効果が認められた
  • 服用6か月後には93,3%の人の抜け毛の減少効果が認められた
  • 毛量の改善が認められた
  • 男女共に効果が認められた
  • 副作用がないことが認められた

SHEEサプリメントの効果は主に上記5つの効果が認められています。それでは、SHEEサプリメントの配合主成分である「ビュリクシール」のヒト臨床試験の実験結果を掲載した「Journal of Cosmetology & Trichology」から、SHEEサプリメント主成分「ビュリクシール」の効果をご紹介していきます。

イタリアで行われた「ビュリクシール」のヒト臨床試験では、サプリメントの主要配合成分である「ビュリクシール」と医薬品成分「フィナステリド」との比較実験が行われています。

その結果、AGA(男性型脱毛症)とFAGA(女性男性型脱毛症)を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)の抑制効果が、医薬品成分「フィナステリド」と近い効果であることが認められています。

上記グラフの実験結果からわかることは、細胞培養にDHTが投与された48時間経過後では「フィナステリド」が31,7%のDHTの分泌量を減少させ、「ビュリクシール」が24,7%のDHTの分泌を減少させていることを示しています。

また、この実験に参加した抜け毛の症状を持つ18歳以上の健康な男女30人に、ビュリクシール600mg/日を経口投与した6か月後には93,3%の人の抜け毛の減少効果が認められています。

さらに、ビュリクシール600mg/日の経口投与6か月後、明らかな毛量の変化を写した画像も掲載されています。

上記画像の左が「ビュリクシール」投与前、右が「ビュリクシール」600mg/日を経口投与6か月後となります。明らかな髪の毛の毛量に変化があることがわかると思います。

また、この毛量の変化は男女共に改善しており、上記画像3つ目のように特に女性では33%の人に「髪密度が著しく増した」と結論付けされています。

医薬品成分「フィナステリド」は、その甚大な副作用のために女性の服用は認められていませんが、「ビュリクシール」は「フィナステリド」と同程度の効果がありながら、男女共に効果的であることがみとめられています。

そしてSHEEサプリメントの主成分である「ビュリクシール」は、そのすべての成分が天然成分から作られていることから副作用もありません。なので「ビュリクシール」は、副作用のない「フィナステリド」と言えるかもしれません。

SHEEサプリメントの効果的な飲み方は就寝前です!

SHEEサプリメントも他の育毛サプリ同様に「就寝前」が最も効果的なその飲み方となります。というのも、この「就寝時」のみでしか髪の毛は作られないからです。また、その髪の毛の生成は就寝後3時間後~6時間後までに行われています。

さらには、その最も活発な髪の毛の生成は22:00~02:00の間だということもわかっています。なので、この髪の毛が作られる就寝後にSHEEサプリメントの配合成分が血中に溶けだして、頭皮へと運ばれることが重要になります。

SHEEサプリメントは4粒服用が1日の推奨される摂取量となります。SHEEサプリメントは小粒なカプセル状となっていますので、就寝前に4粒摂取も気になることはないのではと思いますので、毎日の就寝前の服用を習慣化することがおすすめです。

まとめ:成分とロジックに信憑性があるのはSHEEサプリメントだけ!

  • 必要な成分が含まれているのかわからない・・・
  • 必要な配合量なのかわからない・・・
  • 今のままのケアで合っているのかわからない・・・
  • 納得できるサプリメントなのか自信が持てない・・・

抜け毛や薄毛のケアは続けることが重要なのはわかっていても、どのような事をすれば良いのか・・・また、どのようなサプリメントを選べば良いのか、わからない方も多いのではないでしょうか。

数多くの育毛商品の中から、本当に信用できる商品を見つけることはとても困難なことです。しかし、その商品の成分やその配合量を見極め、またその商品のロジックの信憑性を見極めることで、ある程度の判断を下すこともできるはずです。

サプリメントに配合される原料や成分には、それぞれの研究結果や臨床実験の結果から導き出された推奨量があります。たくさんの優れた成分を配合していても、その含有量が推奨量に満たなければ、その効果を発揮することはできません。

SHEEサプリメントは、その成分とロジックに信憑性があります。また、AGA・FAGAの医療現場で採用され続けている事実があります。そんな「専門機関」向けに開発されたのがSHEEサプリメントです。

 

SHEEサプリメント公式サイト